导航

[ ナルトカラコン ]

現在位置
TOP > コスプレ用カラコン > ナルトカラコン

ベストアイテム商品リスト

商品の情報、整列

商品リスト
  1. 1

コスプレ カラコン

多様なコスプレカラコンで素敵なキャラクターを演出してみてください。 当社のコスプレカラコンは最高のベストセラーのナルトシリーズやカラコン白など、本当に人気のある商品でいっぱいです。コスプレコスチュームに一層リアルな雰囲気を吹き込んでくれ、大勢の中でも一際目立つように演出してくれます。それでは、素敵なパーティーのために貴方のお好みのレンズをお選びください。 素敵なコスプレカラコンを探すなら、クイーンズレンズ!手頃な価格と豊富な品揃えで、誰でも簡単に楽しむことができます。

写輪眼

写輪眼とは、うちは一族の一部の家系に伝わる血継限界です。開眼条件はうちは一族の者が大きな愛の喪失や自分自身への失望にもがき苦しむことですが、うちは一族の一員でなくとも写輪眼をうちは一族から受け継ぎ、持ち合わせているキャラクターもいます。精神的な深い悲しみや苦痛を体験することによって、うちは一族の者は特殊なチャクラを吹き出し、視神経に変化を起こした結果、写輪眼を生み出すのです。写輪眼が3つのステージを辿って更に変化・進化すると、万華鏡写輪眼となります。これは写輪眼の上位種といわれ、うちは一族の中でも限られた人物のみが 万華鏡写輪眼を得ることができます。ステージを辿るごとに勾玉模様が増えていったり、文様が変わっていきます。本来、写輪眼や万華鏡写輪眼の場合、乱用しすぎると失明したり、視力を低下させるリスクを負いますが、 万華鏡写輪眼を更に進化させると稀に永遠の万華鏡写輪眼を得る人物が現れ、これは一切のリスクを負いません。 写輪眼の中にも様々な種類と能力が存在する。 そのうち当社で取り寄せてある数種類を紹介していきます。

天照

: うちはイタチの右目, うちはサスケの左目

目のピントを合わせた場所から黒炎を発火させ、一度発火すると対象物が燃え尽きるまで消えませんが、イタチは目を閉じることで、サスケは炎遁・加具土命によるコントロールで意図的に消すこともできます。使用時は目から出血を伴うなど必要とするチャクラが大きい。

炎遁・加具土命

: うちはサスケの右目

通常扱いの難しい天照の黒炎を自在に操り形状変化させることもできます。サスケはこの術で仲間の香燐に黒炎が燃え移ったのを鎮火したり、雷影と戦った際に黒炎を形状変化させて体を纏う盾を作ったりしました。

神威

はたけカカシとうちはオビトの使用する術。視界にある特定の空間を異空間へ消し飛ばす術で、物体だけでなく爆発ごと飛ばしたりもできます。この異空間は実は左右の眼でつながっており、オビトとカカシの眼を繋いでいます。カカシは特定物を吸い込んで異空間へ消し飛ばすことしかできませんが、オビトは吸い込んだものの出し入れを自在に行うことができるだけでなく、自身の体を異空間へ部分的に移すこともできます。カカシもナルトに九尾のチャクラを分け与えてもらった際は八尾を吸い込み、出すことができました。

はたけカカシ:万華鏡写輪眼

コピー忍者のカカシという異名をもつはたけカカシは、他の忍の様々な技をコピーし、自分の技として取り込んでいきました。そんなカカシはオビトの写輪眼をも受け継ぎました。その為、オビトとカカシの写輪眼は同じ文様から成っているが、角度が若干違っています。

月読

: うちはイタチの左目

幻術で、空間も時間も質量も、全てイタチが支配する精神世界に引きずり込みます。時間すら支配するため、通常の幻術とは違い現実世界の一瞬でダメージを体感してしまい、相手の受ける打撃は通常よりはるかに大きいのです。カカシと戦った際、イタチはカカシを72時間刀で刺し続け、精神崩壊寸前まで追い込みました。

うちはサスケ:万華鏡写輪眼

Uchiha Sasuke: Mangekyou Sharingan

うちはオビト:万華鏡写輪眼

Uchiha Obito: Mangekyou Sharingan

はたけカカシ:万華鏡写輪眼

Hatake Kakashi: Mangekyou Sharingan

うちはイタチ:万華鏡写輪眼

Uchiha Itachi: Mangekyou Sharingan

うちはマダラ:万華鏡写輪眼

Uchiha Madara: Mangekyou Sharingan

白眼

木の葉の里、日向一族の‎血継限界で、使用時はこめかみに血管のような筋が浮き出る。物体を透視したり何kmも先を見渡したりできる偵察に非常に便利な能力。日向家には宗家とそれ以外の分家があるが、どちらも白眼は受け継いでいるようである。 もともと透視に優れる能力でであり経絡系を流れるチャクラを見ることができるが、分家でありながら日向家始まって以来の天才と呼ばれた日向ネジの白眼は特に優れており、チャクラを放出する非常に小さな穴、点穴を見切ることができる。また、ほぼ360度の視界を持つため白眼を使う相手の索敵から逃れることは不可能に近い。 写輪眼も元をたどれば白眼に端を発しており、長い年月のなかで白眼の日向一族と写輪眼のうちは一族に分かれたとされる。写輪眼と比べ忍術をコピーしたりはできないものの、動体視力がより優れているためか日向一族は体術である柔拳を主に使用する。当初は写輪眼と一長一短かに思われたが、こちらは万華鏡写輪眼などのような上位の形態は登場していないため、話が進むにつれ目立たなくなってしまった。基本的に姿を隠して戦う忍者同士の戦いで360度の視界を持つ上透視ができるため一方的に相手の居場所を知ることができる

輪廻眼

輪廻眼は写輪眼、白眼に加え三大瞳術と呼ばれるものの一つです。今までその眼を開眼したものは六道仙人しかいないとされることから伝説上の代物ではないかともされています。作中初めて登場した輪廻眼を持つ人物であるペイン六道のリーダーでもある長門は、 うちはマダラの計画の一端として幼い頃に輪廻眼を移植されました。開眼には千手とうちは両方の力と死への恐怖が必要であり、マダラは「永遠の万華鏡写輪眼」を開眼したあと柱間との戦いで得た千手の血統である柱間細胞を移植し死ぬ直前に輪廻眼を開眼しています。 輪廻眼は、万華鏡写輪眼ですら解読できなかったうちは一族の碑文を解読し、全ての性質変化を操ることが可能なほか、 長門が6人の死体に外道を除いた 地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道・人間道・天道の能力をそれぞれ割り振って操ることで作り出した6人の忍集団、ペイン六道の7つの能力を使いこなすことができます。

須佐能乎

万華鏡写輪眼の二つの能力を開眼すると宿る第三の能力。高い防御力を持つ像を召喚することができます。この像は攻撃にも使用することができ、イタチは 八坂ノ勾玉などによる遠距離攻撃などを行いました。 術の完成度によって像の姿が変わり、サスケが初めて使用した際は骸骨のような姿をしていましたが、使用を重ねるごとに筋肉や皮膚のようなものが現れ、人の姿に近いものになっていきました。うちはマダラは見たら死ぬといわれる完全体を使用することができ、その姿は尾獣に匹敵するほど巨大な鎧武者のようなものでした。

須佐能乎を出現させてみたい?それぞれ違う万華鏡写輪眼を着けてみよう!

日向ヒナタ:白眼

Hyuga Hinata: Byakugan

大筒木カグヤ: 輪廻眼

Otsutsuki Kaguya: Rinnegan

商号名 :QUEENSLENS | 担当者 : N.E.M CO., LTD | CEO : LEE JIN WOO
住所: ROOM 211, 68, Gangbyeonyeok-ro 4-gil, Gwangjin-gu, Seoul, Republic of Korea | 医療機器承認番号(KFDA):121091 │ 高度管理医療機器 第N01827
E-mail : nem6681@gmail.com | 事業者登録番号 : [104-81-51625]